動物科学科2

農業クラブプロジェクト活動

<過去のプロジェクト>

・家畜排泄物の有効利用による有機農業の研究
 飼育している家畜の糞尿を堆肥化し、その堆肥や堆肥作成の際に出る廃液を有効利用する研究を行っています。

・乳牛の発情を早期に発見するための研究
 本校で飼育している乳牛を使い、早期に発情を発見する方法について検討しています。

動物科学科の生産物


実習を通じて、豚肉、牛乳、鶏卵を生産しています。
生産物は出荷し流通するもの、校内で販売しているものがあります。
また、家畜排泄物を堆肥化し販売もしています。

馬術競技


馬術部と協力して馬術競技に使用する馬を管理しています。
高校馬術の全国大会である全日本高等学校馬術競技大会を目指して練習しており、平成27年度まで6年連続11回の本大会出場を果たしています。23年度には3位入賞を果たしました。
また平成27年度は個人の全国大会である全日本高等学校選手権大会への出場も決めました。

秋に行われる愛知県新人体育大会では、障害飛越競技で3連覇中。
愛知県東海馬術王座決定戦では、平成26年度は個人障害飛越、個人馬場馬術、団体総合全てで1位となる完全優勝を果たしました。
東海地区馬術王座決定戦でも平成27年度は団体総合優勝(個人障害飛越、馬場馬術は2位)を果たしました。

実績

平成27年度
 農業クラブプロジェクト発表会
 区分 食糧生産 優秀賞
 区分 環境 優秀賞

馬術部 第49回全日本高等学校馬術競技大会東海地区予選グループA優勝 全国大会出場決定

安城農林の動物たち


動物科学科では5頭の馬を飼育しています。実習や馬術部の活動の中で飼育、管理を行っています。