森林環境科 演習林実習

本校には、第1演習林(豊田市大多賀町)107ha(ヘクタール)、第2演習林(新城市門谷鳳来寺)153ha(ヘクタール)が2ヶ所あります。そこでは、「環境・自然を・創造力を・感性を」育てる教育を推進しています。森林環境科以外の生徒も環境創造について深く学びます。

<森林環境科>

 

<全学科>

 

※主な実習内容及び方法

植栽実習:植栽樹種の選定や林木の植栽の仕方、植栽後の管理など基礎実習を行う。
枝打実習:通直完満無節の経済性の高い林木育成を行う。
下刈実習:植林された苗木が周囲の雑草木によって覆い被さり、生育が阻害されるのを防ぐために、大きな下刈り鎌を使って草木を刈り払い、取り除く実習を行う。 
間伐実習:一斉単純林の密度管理を行い、健全な森林へ誘導するための基礎実習を行う。
製炭実習:広葉樹材を利用し、製炭における基礎的な実習を行う。


写真:第1演習林 間伐実習


写真:第2演習林 下刈り実習


写真:第2演習林 植栽実習と樹木調査